移住のメリット

移住をすることのメリットとは?

都心から近い場所に賃貸マンションを買って、そこから徒歩十分以上かけて最寄り駅へ行き、満員電車に乗って毎日通勤するという日常に疲れている方は少なくありません。
そんな時、電車の吊り広告には移住を誘うような文言が並んだテキストの案内が目に入ったりします。それでもデメリットばかりで今のままで十分と考えてそのまま毎日が繰り返されていくという生活を送る方が大多数ではないでしょうか。
デメリットばかり注目されがちな移住も多くのメリットがあり、それを十分に享受することができれば今までよりもずっと快適に生活することができるのです。
今回、この移住におけるメリットについて生活上のメリットや仕事上のメリットを紹介し、更に多くの方が感じているような移住するうえでのデメリットについてもどのような工夫を行えばメリットになるかと言った提案もしていきます。きっと移住を検討している方の参考になるのではないでしょうか。

移住することで得られる生活上のメリット

移住することで得られる生活上のメリットについて紹介していきます。
まず、一通り挙げていくと生活コストが下がる、子どもがのびのび育つ、自然が近く癒される、つながりができやすい、精神的な余裕ができると言った点です。
コストについては賃貸の場合の家賃が劇的に下がることが一番のポイントです。都内や近郊の駅から徒歩で通えるレベルの賃貸住宅だと家族が住める広さで家賃が10万円を超えるのが当たり前です。
それだけ払っても築20年以上経過した古い物件であることがほとんどです。しかし、地方によっては同じ古い建物であれば1~2万円で借りられることもできますし、新築のアパートであっても10万円未満で非常に広い物件を借りることもできますし、家一軒丸ごと借りることも可能です。そうなると可処分所得(自由に使えるお金)は自然と増え、生活に余裕が出てきます。
また、余計な商業施設が少ないため、気づいたらお金を使っていたという場面が非常に少ないのもメリットです。
このように経済的な余裕を持てる可能性が高くなるのが移住のメリットです。
家族にも良い影響を与えます。それが子どもの生活です。
住宅が極度に密集していないため圧迫感が少なく、ギスギスした都会の生活とは異なった環境になります。そういった環境的な要因が子どもをのびのび生活させるのに最適な環境なのです。
また、過剰な競争を強いられ消耗する機会も比較的少ないため、余裕のある青少年時代を送ることができるのではないでしょうか。子どもが明るくなると家族全体が明るくなります。
そうなると日常生活の幸福が増していくのです。
自然が近いのもメリットです。移住する場所が例えベッドタウンに近い場所であっても都会の中心で生活するよりはずっと自然が身近です。
裏山と言うものが実際に近くにあったり、コンクリートでがちがちに固められていない自然な河原も歩ける範囲にあることが珍しくありません。
また、エリアによっては軒先にカブトムシやクワガタが飛来したり、美しい鳥のさえずりを聞くことができます。それに山や海からほのかに漂ってくる香りは天然のアロマです。
こういった視覚も聴覚もそして嗅覚すらも自然を感じさせてくれるというのが移住することのメリットの一つです。
人とのつながりができやすいのもメリットと言えます。都会では良い意味でドライ、悪い意味で希薄な人間関係と言うのが特徴です。その様子は昔、東京砂漠と例えられるほど孤独なものと言われていました。
一方、地方に移住すると町内会や祭りの手伝いと言った活動に駆り出されることも少なくありません。そういった場面では自然と人同士の付き合いも深くなり、より充実した人同士のつながりができやすいというメリットがあります。
最後が精神的な余裕ができるという点です。これは経済的にも環境的にも様々なポジティブな影響により気持ちにゆとりができることで生み出されていきます。
精神的な余裕ができることを幸せの指標の一つとするならば移住することは文字通り幸せになるための手段となり得るのです。
これらが日常生活におけるメリットです。

移住することで得られる仕事上のメリット

移住することによって仕事にもメリットがあります。それは通勤に余裕ができる、仕事の考え方が変わると言ったものです。
地方へ移住すると基本的に収入は減ります。それは経済活動が都会よりも緩やかなので売り上げの少ない小規模な企業や店舗が多く、それが人件費にも反映されているからです。そういった意味で敬遠されるのが移住です。
しかし、仮に今の仕事が続けられたとしたら、始発駅から近い郊外の駅であったり、あるいは地方の支店や支社、営業所であれば今のような大変な通勤ラッシュを味わうことは少なくなります。
また、その地方の会社に就職できれば雨の日は車での通勤もできますから通勤も楽になります。
仕事の考え方も良い方向へ変えてくれるメリットがあります。確かに収入が減ることがほとんどですが、ものの見方を大きく広げてくれる機会になりますし、都会での知識やノウハウを生かして地方で輝くことも十分に期待できます。
つまり、お金以外の要素で大きなメリットを秘めているのが移住による転職なのです。

移住するデメリットをメリットにするには?

移住するのに躊躇する方が多いのはそのデメリットの多さや環境の変化に対する恐れです。それらを何とかメリットにできないかと言うことでいくつか提案をしていきます。
まず、地方は都会よりも商業施設が少ないことが多いです。これに関しては都会が過剰な分、自分が最低限必要と感じる範囲で商業施設があるかどうかを事前に調査し、自分に合った規模の地方へ移住するということです。
ショッピングセンターがゼロでも通販生活をしているから、全く必要ないという方であればより郊外や地方を目指せばいいです。また、近くへ行けるショッピングセンターが一軒は欲しいという方は郊外を軸に移住先を検討するのです。
昔のように生まれ育った場所からは出てはいけないという時代ではありませんから、バランスに合わせて好きな場所へ移住するのがおすすめと言えます。
仕事に関しても今の場所に勤めていたいと考える場合は通勤圏の地方を中心に検討すると良いかもしれません。
たしかに通勤時間は増えますが、座れる確率は高まりますし、場所によっては特急や新幹線で通勤するという奥の手も使えます。
また仕事自体根本的に変えたいと考えている場合は、もっと郊外を目指すという手もあります。
このように移住と言っても、山奥や異国に移住するのも移住ですが、ちょっとベッドタウンに引っ越したり、あるいは東京から都市部の大阪や名古屋、福岡に行くのも移住です。
なので、自分は移住で何を求めているのかを十分に理解した上で移住するのがデメリットをメリットにするための一つのカギではないでしょうか。

メリットを十分に知って移住しよう!

移住は仕事や日常生活で様々なメリットが得られます。しかし住む場所によってはそのメリット以上にデメリットが頭をもたげてきてしまうことも少なくありません。
そういったものに目が行きがちになってしまうため、ついつい都会の生活を送らざるを得ないという毎日になってしまう場合がほとんどではないでしょうか。
しかし、移住と言っても様々な移住があります。郊外の移住のようなメリットが少なくともデメリットも少ないローリスクローリターンな移住もあれば、田舎や離島、海外と言った大きなリスクを伴いながらも大きなリターンも期待できるハイリスクハイリターンな移住もあります。
その兼ね合いをきちんと理解し、自分が実現したい生活を送るにはどういった移住が良いのかをきちんと把握したうえで行うことによって、移住のメリットを味わえ、成功する大きな秘訣と言えるのです。