移住するなら→マレーシア!?

移住するならマレーシア移住が、いま、大人気

ここ数年の間で、海外移住先として、すっかり定着したマレーシア。主な理由としては、日本人の移住者が増えていること、治安が良いこと、物価が安いことなどが挙げられます。在留邦人数は20,000人を超えており、今後も増加すると考えられています。国土面積が日本よりも小さく、また不自由なく生活できる地域が限られていることから、日本人が集まるエリアは必然的に幾つかの都市に集中しており、日本人の友人や知人が作りやすい環境と言えます。そのため、病院や教育などの情報を簡単に入手できるので、安心して生活を送ることができます。さらに、東南アジアの中では、治安が良い国に分類され、日本人が凶悪事件に巻き込まれるケースも少なく、安心して暮らすことができる環境も、移住先として選ばれている大きな理由の一つと言えるでしょう。不便や危険を感じることの少ない生活を得られる一方で、物価は日本よりも安く、近年の急激な物価上昇を考慮したとしても、暮らし方によっては日本の約2分の1に出費を抑えることが可能です。

移住者急増中のマレーシアの魅力

移住外国に長期間移住するとなると、一番に気になることは「食べ物」です。マレーシアには、主にマレー系・インド系・中国系が多く、さまざまな民族が暮らしています。多宗教・多民族国家だからこそ、いろいろな食事が楽しめるのが特徴です。現地のフードは日本人の口に合いやすく、日本食レストランも充実し、なんとあの吉野家だってあります。また日本人に馴染みのある中華料理の美味しいレストランがたくさんあるのもありがたいですね。マレーシアは衛生管理に厳しい国なので、ローカルフードを食べても、お腹をこわす心配はないでしょう。食のストレスなく暮らせる点は、マレーシアの大きな魅力の一つです。

マレーシアへの移住で気を付けたいポイント

英語を勉強していくことが大事です。言葉は出来ておくに越したことはありません。マレーシアでは、言語としてはマレー語が国語となっています。しかし一からマレー語を習得するのは厳しいでしょう。そんな時におススメなのが、英語です。よっぽど辺境の地へ移住するのであれば、マレー語やその地方の言語(バン語、ビダユ語、アスル語等)のあいさつ程度の基礎を学んでおくべきですが、クアラルンプールなどの大都市ならば、たいていは英語が通じます。マレーシアは多民族国家なので、たくさんの言語が飛び交っているのは現状です。しかしクアラルンプールは英語を主として成長しつつあるので、通じるのです。片言でもいいので、ある程度学んでおくと、全く何もわからない状態よりは一歩進んだ状態になれますので、生活に便利さを感じることが出来るでしょう。

マレーシア移住先の居住物件の探し方

マレーシアで賃貸物件を探す方法としては、ツテ・新聞・ネット・コンドミニアムに直接訪れる方法がある。マレーシアに住むために賃貸コンドミニアムを契約する時にかかる費用は、前払いの家賃が1ヶ月分、保証金(デポジット)が2ヶ月分、水道光熱費の保証金(ユーティリティ・デポジット)が約3万円、印紙税、そして家賃一ヶ月分のエージェントへの報酬となる。どれも家具・家電・プール付きのコンドミニアムで、2LDK(現地では2ベッドルームと呼ばれている)以上。家賃は安いもので4万円代、高いもので8万円弱である。

【聞いてみた】実際にマレーシアに移住した人の声まとめ

1、マレーシアは都市部やビーチ、高原など異なる特色を持つ魅力的なエリアが点在しています。そのため、様々な景観や雰囲気を楽しむことが可能です。さらに大半の物件が家具・家電付きなので、引っ越しも簡単に済ませられます。また、多民族国家ゆえに、マレー系だけではなく中国系やインド系の国民も多く、1つの都市で生活を送りながら、様々な文化や習慣を肌で感じることができます。よって食文化もバラエティに富んでおり、手頃な価格で本格的な味わいを楽しめると評判です。主要言語はマレーシア語ですが、広く英語が使用されており、主要都市の病院やデパートでは英語または日本語での対応が可能な場所もあります。日系企業も数多く進出しており、他国と比べると就労しやすい環境であることも大きな魅力の一つです。

2、自然災害が少ないことで知られているマレーシアですが、懸念事項として挙げられているのが交通事故の死亡率の高さです。マレーシア交通安全研究所によると1日あたり約18人が交通事故で死亡しており、人口10万人あたりの交通事故死亡者数はアジアでワースト1位、日本の約4倍となっています。幾つか要因は考えられるでしょうが、大きな原因として挙げられるのは、交通量の多さと運転マナーの悪さでしょう。ほとんどの東南アジアに共通していますが、マレーシアでは交通量が多いため、朝や夕方を中心にほぼ毎日渋滞が発生します。また、自動車だけではなくバイクも非常に多いので、外出の際は充分な注意が必要です。

3、マレーシアでは、掘り出し物からハイブランドまで幅広いアイテムが揃います。マレーシア、東南アジア発のリーズナブルな価格で、クオリティもデザイン性も十分なローカルブランドが人気を集めています。1万円で全身コーデが出来るのが嬉しいですよね。お洒落な洋服やアクセサリーなどが手に入るので、ローカルブランドをぜひチェックしてみてください。

4、日本人コミュニティの存在が心強い。日本人コミュニティとは、ビザを取得済みで現地に永住している人たちや、企業から派遣された駐在員の方たちとその家族など、マレーシアに長期滞在している人たち向けの交流の場を指します。そのようなコミュニティに参加することで、多くの日本人と交流や情報交換をすることができます。またクラブ活動のようなことも盛んに行われているので、そこで新たな日本人の知人や友人を作ることも可能です。

5、優しくておおらかな国民性。マレーシアの人たちは、親切でおおらかな国民性なので、日本人と似ていて相性が良いと言われています。子供好きな人が多く、通りすがりの子どもの頭をなでてくれたり、電車で当たり前のように席を譲ってくれるなど温かく接してくれます。また南国の特徴で、基本的に人々がのんびりしています。約束した時間に来ないことは日常茶飯事なんだとか。そのあたりの国民性にも徐々に慣れていきましょう。

6、タクシーが安い。車社会のマレーシアは、タクシー運賃が安いことでも知られていて、メーターではなく交渉によって料金設定をしているタクシーを多く見ることができます。客待ちをしているタクシーがいる場所へ行き、行き先を告げると「RM30」などの答えが返ってくるので、「How about RM20?」のように交渉すると、値引きをしてくれることも。こういう時に英語が使えると交渉を有利に進められるかもしれません。大きな値引きではないにせよ、ちょっとした交渉で安くなるのであれば、ぜひトライしたいものです。

7、安定した気候。赤道近くに位置するマレーシアは年間を通して南国のような暑さが続きます。雨季と乾季があるものの、気候に大差はありません。特に日中は猛暑となるため体調管理に気をつけてください。しかし、朝晩は気温も下がり、日本の冬のような厳しい寒さもないため、昼間の暑ささえ乗り切れば、比較的快適に一年間を過ごすことができます。そんな常夏のマレーシアでは、通気性のよいカジュアルな服装がオススメです。ただし、日中の日差しは強いので帽子やサングラスなどの日焼け対策を忘れずに!