東京からの移住について

日本で移住と関連性が深い地域といえば、東京が思い浮かびます。意を決して東京からどこか地方の田舎へと移住する、そんな考え方になっている人が増加していますよね。そこで東京と移住の関連性についてまとめていきます。

移住で東京から離れることで高齢化に対応

まず移住と東京の関連性を考えた場合、移住で東京から離れることの利点について掘り下げる必要がありますよね。日本の中で東京は人口が集中している都市の1つで、たくさんの人が暮らしています。経済、政治、文化などのあらゆる中心地として揺るがない地位にある東京ですが、移住で東京から離れることの利点とはいったいどんなことが考えられるのでしょうか。

最初に挙げておきたいのが、高齢化社会への対応についてです。ただでさえ東京は高齢者が集中している地域ですが、これからもっと人口が増えたら将来的には高齢者だらけになってしまいます。インフラがしっかり整備されていてバリアフリー化も進んでいる東京ですから、高齢者にとってありがたい一面があるのは否定できません。ですがこのまま人口が増え続けたら、いずれ高齢者を支え切れなくなってしまいます。医療施設や福祉施設や介護施設が足りなくなってしまうのはもちろんのこと、それを支える労力も足りなくなってしまいます。これでは東京での生活が高齢者にとって必ずしもプラスになる、とはいえませんよね。

もしも東京から地方へと移住すれば、東京への人口一極集中を解消できます。実際に地方へ移住しようと決断する人はまだまだ少ないのかもしれませんが、それでもゼロというわけではありません。東京から地方へ移住したら医療レベルが落ちてしまうのではないかと不安に思うかもしれないですが、地方だからといって医療レベルが極端に落ちるわけではありません。よほどの田舎なら医療レベルというより病院へアクセスしにくくなるという点で困ってしまうことはあるかもしれませんが、十分な医療が受けられないことをそれほど強く心配する必要はないと考えられています。

移住して東京を離れることで、高齢化社会に対応することができます。誰彼構わず東京ばかりに住むようになってしまったら、さざまな社会問題が勃発することが容易に予測できますよね。それを回避する方法の1つが、東京に住んでいる人の地方への移住です。つまり東京から地方への移住は個人のためだけではなく、社会のためにもなるということです。

移住して東京を離れれば知らない人から受けるストレスがやわらぐ

人口密度の高い東京は、知らない人から受けるストレスがかなり大きいです。道を歩けば歩きスマホに歩きタバコ、電車に乗れば満員電車、レジに並べば長い行列、集合住宅では住人との騒音トラブルなど、東京における知らない人から受けるストレスの例を挙げればキリがありません。またそれらのわかりやすいストレスではなかったとしても、新宿、渋谷、池袋などの大勢の人が行き交う雑踏を歩いただけで疲れてしまう、そういう人も中にはいますよね。東京はそれが普通なのですが、それゆえに大きなストレスを知らず知らず溜め込んでいることがあります。

ですが移住して東京を離れれば、そのようなストレスを受けにくくなります。東京以外でも東京とかわりない人口密度の都市ではさほど違いありませんが、そうではなく東京とは正反対といえるような田舎へ住めば、知らない人から受けるストレスはほとんどなくなります。田舎へ移住したからといって人間関係がシャットアウトされるわけではありませんので、対人ストレスがまったくなくなるわけではありません。ですが知らない人から無差別に受けるストレスは、東京から田舎へ移住すれば確実にやわらぎます。

地方に移住すれば東京ではできない土いじりができる

地方の田舎に移住することで東京ではできないことができるようになるのも移住の魅力です。たとえば東京で庭付き畑付きの一戸建てに住んでいる人は、それほど多いわけではありません。アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる人がとても多いですし、たとえ一戸建てに住んでいたとしても庭付き畑付きとなると限られてきますよね。つまり庭や畑で土いじりをするということが、東京ではかなり難しいです。

ですが地方の田舎に移住すれば、住む場所にもよりますが東京ではできない土いじりができるようになります。移住することで庭や畑を手に入れれば、その土は基本的にどう利用してもOKです。庭に花壇を作って花をはじめとした植物を育ててもいいですし、家庭菜園をすることもできます。また畑があれば、その畑を使って野菜や果物の種をまいて最初から育てることもできます。東京に住んでいたら自由にできる土は持っていないのが普通ですが、地方の田舎に移住すれば土いじりができます。もしも土いじりに興味があるなら、東京からの移住は前向きに検討したほうがいいですよね。

地方に移住すれば生活にかかるお金を東京よりもおさえられる

生活にかかるお金をおさえたいなら、東京よりも地方に移住したほうが賢明です。家賃が安い、駐車場が安い、物価が安いなど、地方に移住すれば東京よりもいろいろと安くおさえられることを見込めます。東京に住んでいたらたとえアパートであっても家賃がかなり高くなってしまって、高収入の仕事をしないと生活はなかなか楽になりません。また自動車でも持っていたら駐車場にもお金がかかりますし、人件費がかかっている分物価も全体的に高くなっています。これでは生活していくのに大変です。

その点地方に移住すれば、生活にかかるお金は東京よりも安くなりやすいです。家賃も駐車場も物価も安めなのですから、生活にかかるお金は低くなりやすいです。つまり出費を減らすことができますので、出費の面でどうしたらいいのか困っている人は思い切って移住する選択が実は正解なのかもしれません。移住すればたいていは仕事を変えることになりますので、収入源がいったんなくなってしまうのはリスクです。ただすぐに仕事をみつけることができて収入が得られるようになれば、東京よりも生活にかかるお金をおさえられる分お金に苦しみにくくなります。

移住して東京とは何もかも違う生活を満喫

いかに大都会の東京で何でもかんでも揃っている生活をしていたとしても、そればかりの生活が続けば飽きてきてしまうものです。東京が大好きで一生住んでいても飽きなさそうなら別に構わないのですが、東京の生活よりも田舎の地方暮らしのほうが合っているのではないかと感じている人は、東京から地方へ移住することで東京とは何もかも違う生活を満喫できます。

自然と親しんで屋外のアクティビティを楽しんでみたり、地方ならではのグルメを追求してみたり、動植物の観察をして新しい発見をしてみたりなど、東京とは180度違う生活をすることが人生の喜びややりがいになる可能性は十分あります。大都会の東京で暮らすことだけが人の幸せではありませんので、もしも東京で暮らすことにふと疑問を抱いたなら、東京から移住して別の土地で移住することを考えてもいいのです。

東京から移住すればもちろんそれまでの常識が通用しないこともありますから、苦労がないわけではありません。ですが東京の水が合わないと感じたら東京に無理に住み続けるのではなく、移住して別の場所に住むことを考えるのも人生の選択ですよ。