山梨への移住について

都心も楽しめる田舎ぐらし・山梨に移住してみませんか?

日々時間と仕事に追われ、人ごみの中で一生懸命働いている貴方、都市部での暮らしに疲れていませんか?のんびりゆったり田舎暮らしがしたいな、と考えていませんか?それならオススメしたいのが山梨への移住です。山梨といえば、富士山、桃、ぶどう…自然豊かなイメージですが、東京や神奈川にも隣接しており、中央線に乗れば都心部へのアクセスも楽々。田舎暮らしというと「娯楽は極端に減る」というイメージを持つ方が多いですが、山梨であれば田舎ののんびりペースを味わうのはもちろん、時には都内に出て思いっきり遊んでくる事も可能ですから、いいとこ取りの移住ができるのです。

山梨から都市部へのアクセス手段は?

先ほどチラッとご紹介しましたが、電車での移動となると中央線。あずさやかいじなどの特急ならば1時間30分程度で新宿に到着します。鈍行でのんびり揺られて行く、というのも中々楽しい旅路ですよ。その他には、新宿行きの高速バスも毎日かなりの本数運行されていますので、都市部へのアクセスには全く不自由しません。バスの運賃もさほど高くないので、休みの日に頻繁に日帰りで新宿や渋谷に出かけている、といった方も多いですね。
また、今はまだ開通していませんが、リニア中央新幹線が開通すればもっと都市部へのアクセスがよくなります。今はほぼ東京方面ばかりの便利ポイントを紹介しましたが、今度は名古屋・関西方面にも道が繋がるのです。関西方面に行くには電車でも車でも静岡まで一度出て、新幹線なり高速道路なりに乗らなければいけませんでした。ですが、もしリニアが開通すれば山梨は関東も関西も思いっきり満喫しつつ田舎暮らしができるエリアとなるのです。これ、凄くないですか?なかなかここまで便利な田舎って、探しても見当たらないんじゃないかな、と思います。

山梨へ移住する際に必要なもの

山梨へ移住するにあたって、これだけはしっかり用意しておかなければならないものがあります。それは…「車」。そう、山梨県は完全なる車社会であり、どこに行くにも車が欠かせません。もちろん公共交通機関も無いことは無いのですが、県民があまり積極的に使わないため、細かいところまでは網羅されていないんですよね。徒歩圏内に色々とモノが集まっているエリアもかなり限定されている(おそらく甲府の駅前ぐらいではないでしょうか…)ため、車があったほうが便利だと思います。幸い、都市部のように入り組んだ道や細くてすれ違いに困る道などは少なく、複数車線の太い道路が多いですから、初心者やペーパードライバーでも運転はなんとかなるでしょう。商業施設の駐車場も広いので、縦列駐車のテクニックなども不要です。
ちなみに、持っている車に対するヒエラルキーみたいなモノは全くありませんので、夫婦もしくは1人で移住するのであれば小さな軽自動車ひとつあれば充分です。山梨では基本的に家族で出かける用のファミリーカーを1台(だいたい奥さんが乗っています)、あとはそれぞれ外に働きに出ている人数分の軽自動車を所有している、というのが一般的ですね。

山梨だからこそ見つかる、広々で格安の物件

移住するにあたって大切なのは家選び。山梨で販売・または賃貸に出ている家を見ると、都市部の家が「どうしてこんなにギュウギュウに詰め込んだの?」と感じてしまうほどです。まず、多分驚かれるのが「賃貸の戸建て」があること。都市部で賃貸物件に住もうと思ったらほぼマンション・アパートしか見つかりませんが、山梨では完全に独立した一軒家の賃貸物件があります。誰かが一時的に貸しているという状態ではなく、賃貸のために建てられたもので間取りはだいたい3LDKぐらい。もちろん車社会ですから、駐車場スペース込みです。賃料は物件の築年数にもよりますが・・・だいたい、7万円前後でしょうか。新築だと10万円近く行くものもあります。
都市部の方にとっては賃料10万円は普通なのかもしれませんが、山梨だったら借りるのを躊躇してしまいますよ。なぜなら、月10万払えるのならかなり良い条件の注文住宅が建てられますからね。当然ですが、土地代も込みです。
ならば土地を探そう、となるとこれまた凄いんですよ。都市部で販売されている土地は60㎡~80㎡、100㎡なんてあったら土地代だけで数千万レベルの買い物になってしまいます。ですが、山梨県では150㎡以上の土地がゴロゴロ。中には400㎡以上というものもあり、一体何に使えばいいの?畑でも始めちゃう?と言いたくなります(笑)しかもこれだけ大きい土地にも関わらず、1,000万円以下が当たり前。土地代が安くできた分、家の設備をとことん豪華にしよう!なんてことも普通にできます。

山梨に住んでびっくりすることは、気温差!

そうなんです、盆地なので夏場の昼間はビックリするぐらい強烈な太陽が照りつけ、外に出ただけで皮膚をジリジリと焼かれているような感覚。それなのに、夕方になって日が陰ると急にさっきまでの暑さがウソのように落ち着いて、窓を開けていれば涼しいぐらいの気温になります(ただし窓を開けていると虫が入ってくるのでお気をつけください)。寝るときもタオルケットでちょうど良かったのが、朝方には毛布が必要なくらい冷え込むこともあるので、注意が必要です。
冬は昼間はポカポカと暖かく暖房器具ナシでも過ごせますが、夜はストーブの出番。寒い地域だから雪も凄いんでしょう、と言われる事も多いのですが、意外と都心は雪が積もってパニックだけど、こっちは全然だったね、というパターンばかりです。あ、ちなみにこれは甲府方面の話であって、河口湖や北杜など、リゾートエリアの夏場はもう少し落ち着いた気温ですし、冬場は雪がしっかりと降ります。

気になる!山梨って方言や地域性ってあるの?

田舎に住むにあたって、やはり少し気になるのが地域の言葉。山梨で使われる「甲州弁」は、以前マツコ・デラックスさんの番組で「日本一のブサイク方言ナンバーワン」に輝いたこともある、なんだか不名誉な方言です。それでも若い方からお年寄りまで、やはり地域の方は幅広く使用していますね。さすがに若い方で甲州弁バリバリ、という方は少なくなっているようですが、移住して地域の方と交流を深めたいという場合、やはり甲州弁を多少は理解していないと話がよくわからない場面も出てくると思うので、勉強…というほどでは無いですが、軽く知っておいて損はありませんよ。
例えば、「○○しちょ」「○○しちょし」は同じ意味にみえますが、「しちょ」はしてはいけない、「しちょし」はどうぞ、という意味になります。また、「かじる」は掻くこと、「ちみくる」はつねること、「やせったい」はちょこまかしていて落ち着きが無い(主に子ども)という意味です。山梨一体で甲州弁を使いますが、地域によっても若干の差があるようなので、もし山梨に移住されたらその地域の方に言葉を教えてもらいましょう。また、山梨県内の書店には、県内でベストセラーとなった「キャン・ユー・スピーク甲州弁?」という本も販売されています。こちらを読んでおくと、地域の方との交流も楽しくなるのではないでしょうか。

まとめ

山梨県は都市部へのアクセスの良さを誇りながらも、田舎ならではの自然・方言・地域のあたたかさなどを兼ね備えた、まさにバランスの取れた移住先。田舎暮らしをしたいけれど、便利な環境は捨てたくない!たまには都市部に出てショッピングを満喫したり、友人とも交流したい!と考えている方にとっては、まさにベストなエリアなのではないでしょうか?
都内ではたまに「山梨移住フェア」的なイベントも開催していますので、移住を検討している方は是非そちらに参加して、山梨の魅力を肌で感じてみてください。